NLPについて

NLP(神経言語プログラミング)ってなんですか?

「あの時みたいに、今回もうまくいってくれたら…」と思ったことはりませんか? そんな「もし・・・」をいつでも現実にする心理科学あると知ってしまったら、あなたはどうしますか?

Neuro(神経) Linguistic(言語) Programming(プログラミング)と呼ばれる心理学です。「実践心理学」と呼ばれることもあります。ですから、正式にこのプログラムを学んだ有資格者のことを「Practitioner(実践者)」と呼びます。誤解を恐れず言うなら、「心理学というより、実世界で役立つスキルの集合体」といえるかもしれません。
この心理学のコンセプト。それは、いかに「役に立つかどうか?」です。そしてプログラミングが完了すれば、「一生使える」ものとなります。
では、少しだけ固いお話です。この心理学、もともとは、リチャード・バンドラーとジョングリンダーという学者たちが、当時天才と言われ、だれもマネできないとされた心理療法家のスキルを体系化したものです。それによりいつでもそのスキルを再現可能にすることに成功しました。そしてそれは、40年の時を経て進化し続けています。
私たちは刺激を神経(5感)で受け取り、脳の独自のプログラムで判断し、言語という形で表現します。この一連の流れが、あなたにとってうまく機能しているなら何も問題ありませんし、NLPを学ぶ必要はありません。 簡単な例を出します。「プレゼン」と聞くとその言葉を脳が受け止め、それぞれのイメージを思い出させます。 良いイメージを浮かべる人もいればそうでない人もいます。良いイメージは「良い行動」に結びつくのでOKです。もし悪いイメージを持ったら、「逃げる・避ける」などのネガティブな行動を引きだします。その場合、脳のプログラムが問題だということです。 その脳のプログラムを変えない限り、いつまでたっても「プレゼン」に対する反応は変わりません。 このように人はそれぞれ独自のプログラムを持っています。 もしあなたがいつまでもあなた自身の脳のプログラムに行動を規制されたいのなら、このままで結構です。もしあなたの脳に規制されたくないのであれば、「脳の取扱説明書」を手に入れてみませんか? そして脳を味方につけ、自由な未来を手に入れてみるはいかがですか?

NLPの受講生様の結果

【奈良県・Sさんの結果】
受講期間で転職ができました。そして今は、さらにワクワクして仕事に取り組めています。

【大阪府・Iさんの結果】
会社を辞めて、夢だったオーストラリアに語学留学し、4ヵ月で自信をつけて帰国。諦めかけていた英語教師
になろうと頑張っています。

【京都府・Yさんの結果】
6ヵ月で彼女を作るという目標を作りましたが受講中2ヵ月目で達成。半年後には結婚しました。

【兵庫県・Aさんの結果】
営業売上が受講前と比べて2.5倍になりました。セルフコントロールのスキルがこの結果を生みだしたと思っています。

【愛知県・Nさんの結果】
クライアントのコーチングのフィー(料金)を思い切って3倍にしました。しかしクライアントの数は2倍になりました。セルフイメージが大切だと痛感しました。

コメントは受け付けていません。