親力向上プロジェクト

◆お母さん、お父さん、子育てを難しくしていませんか?

★ 勉強しなくて困る
★ 言うことを聞かなくて困る
★ やる気がなくて困る
★ だらしなくて困る
★ 夢(目標)がなくて困る

では、質問です。「困っているのは誰ですか?」

よく考えてください。困っているのは、
そう、保護者の方ですよね。
人は他人ごとには、熱は入らないものです。

実はこれがポイントなんです。

◆子供を上手に困らせることが大切なんです。

言い換えると楽しく自分事にしてしまえば子供は
勝手に行動します。

驚く程パワフルに。

お母さん、お父さんまずは、肩の力を抜いてください。
緊張はうつるんですよ。

子供が親に求めているものは、実はほんの少しなんです。

親としては、

★ 子供の気持ちに寄り添えない
★ 子供にどうアドバイスしていいかわからない
★ 子供になぜか気を使いすぎる
★ 子供を叱れない
★ 親としての軸がぶれると自信のない方が多くいらっしゃいます。

心配しないでください。そして難しくしないでください。
安心してください。
もう一度、言います。   力を抜いてくださいね。

◆ルーツを意識すると・・・、仕事の半分は終わる。

自分と兄弟、父、母、祖父母がそれぞれどうやって生れてきたかを意識してみてください。
そしてもしできれば実際にそのストーリーを両親や聴ける限りの人たちに聞いてみてください。
そうすると、とっても不思議なことに気づくことがあります。
ある方は、「私のおばあちゃんは、尼さんになろうとしました。でも色々あって結果的にはなりませんでした。」「でも、もし本当に尼さんになっていたら私のお母さんも生まれなかったし、もちろん自分も弟も生まれてこなかったってこと・・・。」
またある方は「お母さんは、4回の妊娠のうち経済的な問題でやむなく2回中絶しました。自分がその中絶された本人なら、私がいないのはもちろんのこと私の子供たちもこの世に存在していないんですよね。」

そして私自身も、母親は心臓が弱く兄を産んだ後は二人目は無理だと医者から言われていました。「産むなら死も覚悟して下さい」と医者から直接言われたそうです。
にもかかわらず母親は、私を産むことに迷いませんでした。だから私はこの世に存在できているんです。

いかかですか?

お子さんという命をこの世についだだけで、親の仕事の
半分以上は終わったも同然なんです。

子供に「人生というステージ」を用意してあげた。
これだけでもスゴイことなんです。

最後の質問です。

◆どんな偉い人でもできないことは?

そう! 自分を生むこと。

◆もっと具体的な方法が知りたい人は、親力向上コーチングセミナーでお待ちしております!!

コメントは受け付けていません。